関西関節鏡・膝研究会
contents
Top page
関西関節鏡・膝研究会誌−Online Journal
会長挨拶 本研究会について 会則
会長一覧 幹事名簿 入会案内
研究会誌投稿規定 次回研究会のお知らせ 関連学会・研究会のご案内
第33回 関西関節鏡・膝研究会のお知らせ

第33回 関西関節鏡・膝研究会を下記の通り開催いたします。



会期: 令和3年3月6日(土)
会場: 梅田スカイビル タワーウエスト3階 ステラホール(例年と場所が異なります)
住所:大阪市北区大淀中1丁目1 TEL:06-6440-3901
会長: 前 達雄(大阪大学大学院医学系研究科 運動器スポーツバイオメカニクス学)
参加費: 事前登録にて4,000円(登録先は2月上旬に案内予定) 当日は5,000円
ランチョンセミナー: 松田 秀一 先生(京都大学大学院 整形外科 教授)
  「変形性膝関節症に対する手術療法 〜HTOを中心に〜」
アフタヌーンセミナー: 三幡 輝久 先生(大阪医科大学 整形外科 准教授)
  「腱板断裂に対する鏡視下手術の変遷と今後の展望」
シンポジウム: 膝蓋骨脱臼・不安定症の治療戦略
1. 石川 正和 先生(広島大学大学院)
  「恒久性膝蓋骨脱臼症例に対する治療」
2. 新井 祐志 先生(京都府立医大大学院)
  「先天性疾患を有する膝蓋骨脱臼に対する治療」
3. 松下 雄彦 先生(神戸大学大学院)
  「大腿骨滑車部低形成を伴う症例に対する治療」
4. 橋本 祐介 先生(大阪市立大学大学院)
  「関節症性変化を伴う膝蓋骨脱臼症例に対する治療」
5. 岡橋 孝治郎 先生(済生会奈良病院)
  「奈良医大式脛骨粗面内前下方移行術の成績」
6. 北  圭介 先生(JCHO大阪病院)
  「内側膝蓋大腿靭帯再建術後再脱臼例に対する治療」
演題募集: (1)演題名、(2)所属、(3)氏名(筆頭演者名の前に○)、
(4)抄録(Wordにて400字以内)を、下記アドレスにご送付ください。
抄録の書式はこちらからダウンロードしてください。
抄録送付先: sportssec@hss.osaka-u.ac.jp
演題締め切り: 令和2年12月25日(金)
問合せ先 第33回関西関節鏡・膝研究会 運営事務局
連絡先住所 〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-2
TEL:06-6210-8439 FAX:06-6210-8438
座長・発表演者の皆様へ
《 発表時間 》
・一般演題の発表は4-5分 質疑応答2分です.(座長・演者へ個別に案内予定)
・シンポジウムの発表は一人8分です.
・共催セミナーについては、別途案内させていただきます.
《 プレゼンテーション 》
・前々日(3月4日)までに、運営事務局へPower Pointファイルにて事前送付をお願いします.
  (接触機会を減らすため、当日のスライド受付、映写確認は行わない予定です)

Copyright 2003 Kansai Artroscopy and Knee Society